お位牌選びにルールなし。仏壇がなくてもインテリアに馴染むおしゃれなお位牌おすすめ7選。

  1. 悲しみに寄り添うもの
  2. 312 view

お位牌とは

亡くなった人の魂がやどるものを意味します。日本には古くから八百万の神と言って、川や岩や木など、自然界のあらゆるものに神さまや精霊や魂が宿ると考えられていました。ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」にも、様々な神さまが登場します。それらの神さまや精霊や魂が拠り所にするために憑依したもの、それが依代(よりしろ)と呼ばれていました。

そのような歴史から、お位牌は亡くなった人の魂が宿るもの、つまり依代として広く受け入れられていきました。同時に、皆が手を合わせてお祈りする対象として。亡くなった人の名前を刻み(戒名、法名など)、お花、お香、食べものをお供えして、供養することが一般的になりました。

葬儀の際に使用される白木位牌(しらきいはい)

葬儀の際は、一時的に仮の位牌である白木位牌(しらきいはい)を使用します。大工さんが木を削る時のような、塗りのない、白みを帯びた木材そのもので作られた位牌です。

四十九日を機に用意する本位牌

その後、仏式では四十九日を迎える際に、本位牌を用意します。(位牌を用意しない宗派もあります)なぜ四十九日かと言うと、仏教では亡くなった方はその四十九日の間へこの世からあの世へ移動すると考えられているためです。

つまり、四十九日法要の際に、亡くなった方はようやく仏さまが住む国である極楽浄土へ、苦しみや悩みから解放された場所へたどり着き、たくさんの人に迎えられるということを意味します。(亡くなったと同時に極楽往生すると考える宗派もあります)

その四十九日の際に、開眼供養(かいげんくよう)を行います。これは「魂入れ」とも呼ばれ、それまでものだったお位牌を、この魂入れによって、亡くなった方の魂の拠り所とするものです。

モダン位牌のおすすめ、おしゃれなデザインも見つかる

最近では従来の位牌のデザインに囚われない、新しいスタイルの位牌も登場しています。大切な人を供養したいけれど、家に仏壇もないし…そんな声に応えるのもモダン位牌です。

日常生活に馴染み、インテリアに溶け込み、シンプル、おしゃれ、大切な人をイメージできるデザインを、自由に選ぶことができます。

祈りの道具屋まなか
インテリア仏壇ルミエール・携帯位牌
手元供養・現代供養のインブルームス(inblooms)
ぶつえいどう・くくり
インテリア仏壇ルミエール・ガラス位牌
インテリア仏壇ルミエール・モダン位牌 「優徳」
祈りの道具屋まなか・ 結牌(ゆいはい)

お位牌選びにルールはありません

お位牌選びに特にルールはありません。この先ずっと、大切な人を想い、供養を続けるためのものですので、思いを込めて選べばどんな位牌でも、大切な依代(亡くなった人の魂がやどるもの)になるはずです。

もう誰ひとり不倫に苦しむ人も
自殺に追い込まれる人もいてほしくない!

オンライン署名活動をチェックする
Rのために@自死遺族裁判中

妹を自殺で亡くした自死遺族です。妹を自殺に追い込んだ相手に対し裁判中。お問い合わせはrnotameni (at mark) yahoo.co.jp かTwitterのDMまで。

記事一覧

関連記事