自殺サバイバー・自死遺族のブログ、Webサイト、Twitter

  1. 悲しみに寄り添うもの
  2. 699 view

自殺サバイバーとは

大切な人を自殺で失った人のことを、ある意味自殺の犠牲者として、自殺サバイバーと呼びます。(自殺未遂で生還した人のことではありません)。死別の悲しみ、抑うつ、罪悪感から自分を責めてしまう気持ちや、やり場のない怒りを感じるなど、自殺にまつわる様々な感情にのまれる犠牲者とも言えるでしょう。日本語では、後に残された家族という意味に限定されますが、自死遺族と言います。

1件の自殺につき6人から8人が強い影響を受ける

1件の自殺につき、控えめに見積っても6人から8人の方が強い影響を受けると言われています。ここ日本には毎年少なくとも2万人の自殺者がいるため、毎年12万人の日本人が自殺のサバイバーになっています。つまり、既に何十万人もの人が、自殺サバイバーとして、自死遺族として、悲しみを抱えながら生きています。

それは、あなたがひとりじゃないということに尽きます。大切な人を自殺で亡くすという、近しい体験をされた方が、たくさんいらっしゃいます。その悲しみや苦しみは、あなたの前に多くの自殺サバイバー、自死遺族が経験していることなのです。

同じ自死遺族のブログやWebサイトを巡る

それなら、同じ境遇の人の話を聴いてみたい。同じような体験をした人がどのように感じて、どのように考え、どのように生きているのか知りたい。そう考えたら「自死遺族 ブログ」で検索し、同じ自死遺族のブログやWebサイトを巡ってみてください。すると、多くの自殺サバイバーの声、自死遺族の声に出会うことができます。

ひとりじゃない、そのつながりが支えになる

私は、自分以外にも、同じような体験や感情を味わった人がいると思うと、安心しました。「ああ、ひとりじゃなかったんだ」純粋にそう思えたのです。

それが、もう生きているのも辛い日々の、ひとつの灯となって、道を照らしてくれました。同じように辛い思いをしている人とのつながりに、支えられたのです。ここではその中のいくつかのブログ、Webサイト、Twitterを紹介したいと思います。

全国の自死遺族の手記を集めたWebサイト

全国自死遺族総合支援センターは、自死・自殺で身近な人、大切な人を亡くした人の支援を行っているNPO団体です。講演会や自死遺族のための電話相談など、様々な活動をされています。なかでも、自死遺族のメッセージとして手記を集めたサイトは、どれも大切な人と死別した遺族の胸のうちが丁寧に綴られています。

母親を自死で亡くされた当時女子大学生の娘さんの手記

大学4年、就職活動盛りの春。母は自らいのちを絶った。遺書はなかった。
唐突に突きつけられた現実に、葬儀前後のことはよく覚えていない。唯一、脳裏から離れないのは、涙声で私の身体を気遣う、電話越しの母の声だ。母が息絶える直前に会話をしたのは、私なのだ。

全国自死遺族総合支援センター

妻を亡くされた夫の手記

検視医から頂いた「自死は心のがん」と言う言葉が私の腑に落ちた。まさに心に増殖するがん細胞に蝕まれた末の死だった。がんを無くす努力はしてもがん患者を責める人はいない(以前は居たそうだ)が、自死を否定し責める人は居る。

その違いは無理解だと思う。多くの自死は、個人の自由意思や選択の結果ではなく、複合的な要因により心理的に「追い込まれた末の死」であるとし、「自死に追い込まれることのない社会の実現」を目指す国の指針に賛同する。

全国自死遺族総合支援センター

25歳の娘さんを亡くされた母親の講演

2011年6月に娘さんを自死で亡くされた、自死遺族の方です。 少しでも自死防止に貢献されたいとの思いから、広島で自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合いと題したNPO法人「小さな一歩・ネットワークひろしま」の代表をされています。2020年、広島県精神保健センター開催の「自死遺族支援者勉強会」で自死遺族としての9年間のこころの歩みについて公演された内容です。

私の娘は9年前の6月21日に25歳で自ら死を選びました。その年の3月からうつ状態 になり、精神科のクリニックに通っていましたが、自宅から1時間くらいのところで一人 暮らしをしていたため、私はそのことに気づかなかったのです。私が知ったのはゴールデ ンウィークの直前でした。娘が職場で倒れ、かけつけた病院で知ったのです。

小さな一歩

21歳の時に母親を、37歳の時に父親を亡くされた娘さんのnote

むらかみーたんさんのnoteです。両親をともに自殺で失うという辛い体験をされながらも、長い時間をかけて、一歩ずつ歩まれてきた軌跡を綴られています。その言葉には、同じ自死遺族へ向けて、勇気を分けてくださるような、そんな温かさがあります。「もしこれを読んでくれているあなたが、同じように絶望感から動けなくなっているような状態でしたら、安心してください。その絶望的な心の湖をクリーンにしていく作業は、必ず終わります。 」

母の自死以降、何年も自分を責める日が続きました。
親しい友人や周囲にも母の死亡理由は言えませんでした。
なんだか、公には言えないような、タブーなもののような気がしたし、また、一気に不幸の烙印を押されちゃうんだろうなって怖れとか、打ち明けることで相手にも重荷を背負わせてしまうような申し訳なさなどが入り交じっていたからのように思います。
とにかく悲しいのとか苦しいのとかをひたすら人前では隠して、外では明るいキャラで過ごしていました。

むらかみーたんさんのnote

父親を亡くされた息子さんのブログ

ONOMAさんのブログには葛藤という言葉がふさわしいように勝手に感じています。生前に、緊張状態や軋轢があった場合、自殺によってもたらされた苦痛が怒りを強めます。愛と怒りの入り混じった複雑な感情。犯人を憎む殺人事件と異なり、被害者と加害者が同一である自殺だからこそ起こり得るのだと思います。

「これからどうなるんだろう」そんな漠然とした不安をもった日から1ヶ月近く経って父がいないからというより、家族会議というようなものを一回もしてないけど、父が亡くなったことより家族を大切にしないといけないと家族それぞれが思ったような気がして、自分自身それぞれに優しさを持てるようになった気がした。亡くなる前にできていたら‥そんなことを思ったってしょうがないのだけど後悔はいつまでもついてくると思うし今も時々思うけど、「死んだら終わり」ということを父の死を体験して強く思った、何もできない、バッドエンド。死んだら終わり、だから死なせないし、死なない。

自死遺族になった日
自死遺族としての10年

父親を亡くされた娘さんのブログ

自殺は今もなお、偏見にさらされています。自殺であることを、周囲に言えない、言わない人は多いのではと思います。その時々の感情を、読みやすい言葉でブログに綴られています。

友達と飲んでいるときに、ふと質問されました。
「お父さんはどうして亡くなったんですか?」
突然だったので、私は言葉が出てきませんでした。
そんな私を見て、「やっぱ病気ですか?」と聞いてきました。
「まあね。」
これが私の精一杯の返答。
相手の反応が怖くて、正直に言えない…。
嘘を言った後に自己嫌悪が。

おもいで日和

中学生で父親を亡くされた息子さんの文集

「自殺って言えなかった」という書籍をご存じでしょうか。この書籍を編集したのは、病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体「あしなが育英会」です。その元になった文集のなかから、息子さんの声です。

僕は今とても後悔している。なんであのときすぐに出てしまったんだろう、なんで一緒に風呂に入っていられなかったんだろうって。もし僕がそのとき父に一言言うことができたなら、背中を流しながら、「長生きしてね」って言うことができたなら、父は死ななかったんじゃないかなって。僕は今とても後悔している。

自殺って言えない~自死で遺された子ども・妻の文集

ブログポータルサイトの自死遺族コミュニティ

自死遺族コミュニティがあるブログポータルサイトです。ランキング形式で紹介されています。代表的なブログポータルサイトには、にほんブログ村人気ブログランキングがあります。

にほんブログ村
人気ブログランキング

Twitterでは自死遺族とつながりを持てる

Twitter上には、たくさんの自死遺族の方がいらっしゃいます。同じ自死遺族をフォローして投稿を読む人、投稿にいいねをする人、コメントをしてコミュニケーションを図る人、自死遺族それぞれにTwitterの使い方があります。

自死遺族のつながりがサポートになる、後追いをしないための対処を

特に自死遺族は、自殺の可能性が、自死遺族でない人よりも高いと言われています。それはDNAのいたずらで本当に稀に遺伝する重い精神疾患であったり、愛する人がいない世界を生きねばならない辛さから後追いしてしまうことだったりするのだと思います。

自殺は、関わる人が多いほど、防ぐことができます。自死遺族はどうしても1人きりで嘆き悲しむことが多いものです。自分以外にも、同じように辛い思いを抱えて生きている人がいる。ブログで、Webサイトで、Twitterで、つながりを持ってみてください。それはきっと、苦しみを分かち合い、後追いを防ぎ生き抜くための救いのひとつになるはずです。

もう誰ひとり不倫に苦しむ人も
自殺に追い込まれる人もいてほしくない!

オンライン署名活動をチェックする
Rのために@自死遺族裁判中

妹を自殺で亡くした自死遺族です。妹を自殺に追い込んだ相手に対し裁判中。お問い合わせはrnotameni (at mark) yahoo.co.jp かTwitterのDMまで。

記事一覧

関連記事